スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎旅行

6/22

14:41 自宅を出発

心さんより、今回の旅のテーマは『自然発生』との発表があった。

恵那山トンネルを抜けると大雨で、神坂PAに避難。

21:30 黒丸PA着

6/23

2:39 出発

4:20 社PA着

昼寝というか朝寝というか二度寝。

7:38 出発

中国道に車が少なくてスイスイ進む。

PAにもSAにも車がほとんど停まってない。

13:22 鹿野SAで昼寝

暑くて起きる、危うく熱中症になるところだった。

14:06 出発

2人で同時にあくびした。

さらにもう一度同時にあくびした。

15:22 壇之浦PA着

13年前に写真を撮ったところで、同じ写真を撮った。

わかめうどんを食べた。

関門橋

15:57 出発

17:32 東背振着

やっと高速を降りて、明日の吉野ヶ里遺跡に向けて山茶花の湯に入る。

ずーっと「さんちゃか」と読んでいた。

そこで作戦会議の結果、今回吉野ヶ里遺跡は諦める事にして平戸に向けて出発。

しんさんは吉野ヶ里に2度来ているが、2度共ちゃんと見学していない。

3度目もやっぱりダメだった。

21:30 道の駅 大和着

6/24

5:12 出発

小城市あたりの街路樹が、松かと思ったら槙のよう。

伊万里には伊万里焼きと思われるオブジェが多数あった。

右フロントタイヤに、鉄の針のような物が刺さっていたので、スタンドで抜いてもらう。

石鹸水をかけて「ブクブクしよらんねー」と優しいスタンドのおばさん。

8:17 平戸上陸

平戸大橋

松浦史料博物館見学

NHKの「妻は、くノ一」を見ていたので、ここは外せない。

松浦史料博物館

平戸オランダ商館見学

オランダとはわずか33年のかかわりなのに、400年経っても影響大。

平戸オランダ商館

心さんは高速で回転するイカの一夜干しマシーンを見つけてテンションMAX。

回転イカ干し

オランダ塀と平戸城

オランダ塀

寺院と教会の見える風景

寺と協会

ここで泊まってゆっくりとあちこち見たいと思ったが、今回はこれまで。

11:20 平戸出発

14:30 バイオパーク着

時間があまりないので土産物だけ見ようと立ち寄った。

リャマさんがお出迎え

りゃま

やはりここまで来るとカピバラに会わないわけにはいかないので、パークに入る事にした。

子沢山プレーリーママ

プレーリー

13年振りにカピバラの聖地へ

かぴ聖地

あちこちにごろごろ

カピバラ

結局土産も買わずに、1時間で一周してホテルに向かう。

16:00 出発

17:00 ホテル着

18:00 路面電車の1日券を購入

まずは平和公園へ

平和祈念像

浦上天主堂へ

浦上天主堂

長崎新地中華街を見た後、福砂屋へ

しんさんの好きな時代小説に度々出てくる店なので、どうしても行きたかった。

当然みずき、 かえで、あやめの三姉妹には会えなかった。

福砂屋

食事後ホテルへ帰って爆睡。

6/25

9:00 出発

路面電車との戦い

路面電車

島原雲仙は手延べそうめんが有名らしいので楽しみにしている。

段々の田圃の区切りの斜面が全て石垣で、その膨大な数に圧倒された。

10:42 道の駅 みずなし本陣着

土石流 被災家屋保存公園見学

土石流被災家屋

被災家屋をあんなにたくさん保存してるとは思わなかった。

ここで歯ごたえのある手延べそうめんを食べた。

11:40 出発

なぜか走っている車も駐車場の車もほとんどが軽。

12:10 原城着

原城址

パン屋やコンビニなどに入っても「いらっしゃいませ」がない。

13:17 フェリー乗り場着

15:00 満車で13:30には乗れず次の便に乗る

フェリー

ついに今回の目的地である天草に上陸。

16:00 天草キリシタン館見学

天草キリシタン館

後ろからバスガイド研修と思われる一行に追われたが、島原の乱の詳しい勉強ができた。

18:00 道の駅 有明着

ビーチへ行ったり、温泉に入ったりのんびりした。

6/26

8:17 出発

9:00 天草四郎メモリアルホール見学

天草四郎メモリアルホール

朝一の一番客なので、他には誰もいない。

展示物はショボくても、3D映画はまあまあ良かった。

瞑想ホールで瞑想もした。

13:56 食事したり自然食品店にいったりしたが雨が上がらないので帰途に就いた。

20:00 安佐SA着

6/27

6:10 出発

18:00 諏訪SA着

温泉に入る

21:00 出発

6/28

0:24 自宅着

走行距離 3032.7キロ  使用ガソリン 114.9リットル

(文 by しんさん)
スポンサーサイト

アルパカ牧場

二本松市の用事の帰りにアルパカ牧場へ行くことにした。

車中泊で朝早く起きたので、10時オープンまで温泉で時間をつぶす。

休暇村那須という所が早朝から温泉に入れるようなので行ってみた。

それは那須岳が目の前に見えるとんでもなく高い所にあった。

那須岳

アルパカ牧場にはオープン5分前に到着。

早速牧場内に入ってみたら、なぜかダチョウがお出迎え。

ダチョウ

アルパカのいる所に到着したら、暑いのか皆ダラけている。

アルパカ牧場

今はアルパカの毛を刈る時期で、皆刈りたてホヤホヤ。

よーく見ると変な模様を残しているのがいる。

鳥居

クローバー

顔文字

まだ刈ってないのは大きく見えても2歳児以下らしい。

2歳児

こちらはもっと小さい。

赤ん坊

ミラバケッソ的。

ミラバケッソ

水を飲んだ後、口からダラダラ滴る。

水ダラダラ

朝一なのに暑いので、一通りぐるっとして早々に帰った。

(文 by しんさん)

山陰と四国の旅

目標は出雲大社とこんぴらさん。

5/25夕方出発。

自宅から群馬、長野を経て岐阜のどこかで0時前に高速に乗る予定。

下仁田の道の駅に寄ると『この先全面通行止め』とある。

出鼻をくじかれて、近くにいたバイカー3人組に聞いてみると

「峠に行けば警備員が迂回路を教えてくれるから通れる」と言う。

しかし峠に着くのは夜8時頃になる、警備員はいるだろうか。

心配しながら峠に向かって走るが、何度も『全面通行止め』の

看板があって、国道に迂回しろと書いてある。

他に走っている車もいないし、県境の峠は心細くなるばかり。

半分泣きながら突き進むと峠の工事現場に到着した。

ありがたい事に警備員はまだいてくれて、無事に峠を突破できた。

10時頃疲れてきたので、以前住んでいた茅野市で高速に乗る事にした。

そして少し走って小黒川PAで車中泊することにした。

後部座席を倒してマットを敷いてベッドを作った。

普段家でも眠るのが難しいしんさんは、予想通りほとんど眠れなかった。

だから午前2時頃再出発。

大垣 - 京都の車線規制で渋滞が発生しているらしいので、早めに通りたい。

早めに出た甲斐あって大した渋滞に巻き込まれずに朝7時頃通過できた。

天気は良くないが鳥取砂丘に行きたいので、中国道から鳥取道へ。

鳥取市に到着した頃は土砂降りになってしまった。

それでも鳥取砂丘に行ってみたが、車から出れないほどの大雨。

仕方なくそのまま駐車場の車の中で持ってきていた食事をとった。

食事が終わり、諦めて帰ろうと駐車場から車を出した時、小雨になった。

もう一度駐車して、展望台に登って見たり、土産物を見たりして帰った。

駐車場から少し移動した所で雨が止んだので、別の駐車場に止めて歩いて砂丘に行った。

鳥取砂丘

大風の中、遠くの一番高い山に登って満足して車に帰った。

車に乗った瞬間、また雨が降り始めた。

その後、松江に移動して予約していたホテルで宿泊。



5/27 観光2日目

まずは八重垣神社へ。

観光バスも来ていて、人が多い。

八重垣神社

裏手に水に浮かべる占いで有名な鏡の池へ。

鏡の池

次は神魂神社へ。

こちらは1人もいなくて静か。

神魂神社

次はたまたま寄った熊野大社。

熊野大社

次に雲南市の木次に行ったら、街全体が停電になっていた。

信号も点いてないので怖い。

電気もなく暗い中で食事した後、たまたまナビで見つけた安来節演芸館へ。

見つけて以来、心が一番楽しみにしてテンションMAX。

安来節演芸館

心は本当はあの踊りを踊りたかったが、嫌な客層だったので残念ながら断念した。

安来節演芸館

次は水木しげるロードへ。

水木しげるロード

水木しげる記念館の前にねずみ男がいた。

握手したらブーッとやられて大爆笑。

水木しげる記念館

松江にもう一泊することにした。



5/28 観光3日目

まずは松江城から。

松江城

次は小泉八雲記念館と小泉八雲旧居へ。

小泉八雲旧居

そして武家屋敷へ。

武家屋敷

松江観光が終わり、ついに念願の出雲大社へ。

出雲大社

でもなんか注連縄が小さい気がする。

もやもやした気分で帰ろうと左手に逸れたらあった。

あの大きい注連縄は神楽殿だったらしい。

神楽殿

次は石見銀山へ。

石見銀山

電動レンタサイクルで表に電柱のない大森町へ。

大森町

萩に向かって移動し、田万川温泉に入って道の駅ゆとりパークたまがわで車中泊。



5/29 観光4日目

まずは35年くらい前にしんさんが修学旅行で行った松下村塾へ。

松下村塾

次に伊藤博文旧宅と伊藤博文別邸へ。

伊藤博文旧宅

伊藤博文別邸

駐車場へ戻ったらオープンしていた吉田松陰歴史館へ。

吉田松陰の一生を分かりやすく蝋人形で再現していた。

吉田松陰歴史館

城址に駐車して、近くにあった旧厚狭毛利家萩屋敷長屋へ行ってみた。

頭の悪いじじいが受け付けにいて、1人¥100なので¥1000渡したら¥780のお釣りを寄越した。

気付かないでいると、こちらが間違えたかのようなわけのわからない事を威張って言っていた。

展示もしょうーもないもので、すごく気分が悪かった。

旧厚狭毛利家萩屋敷長屋

堀内の町並みは良かった。

堀内地区伝統的建造物群保存地区

次は秋吉台に移動。

ここも修学旅行で来た記憶がある。

秋吉台

その後秋芳洞へ。

秋芳洞入口

百枚皿

黄金柱

次に10数年前からお世話になっているぱーるさんに会いに防府天満宮へ。

防府天満宮

しばし休憩後、こんぴらさんに向かって東へ。

宮島SAのハイウェイホテルで宿泊。



5/30 観光5日目

倉敷JCTから瀬戸大橋へ。

瀬戸大橋

ついに四国、こんぴらさんへ。

こんぴらさんの最初の石段

もっと人が多いかと思っていたが、ラッキーな事にそうでもなかった。

本宮に行く最後の石段を帰り道で登ってしまったので、もう一度降りて正規ルートで登り直した。

本宮

真夏日だけど、ここまで来たら奥社まで行くしかない。

奥社

これで目標の出雲大社とこんぴらさんを達成したので、うどんを食べて帰途に就いた。

京都から先の車線規制渋滞を避けて京滋バイパスと新名神を選んだ。

途中、甲南PAで車中泊したがあまり眠れず深夜再出発。

鞍ヶ池PAでまた車中泊。

今度はまあまあ眠る事ができた。

長野を通ってゆっくりと休み休み来て、午後無事に家にたどり着いた。

(文 by しんさん)

時間を探さない暮らしへ

かえる

田んぼの土に お水が どくどくと 染み込んでいました。

あぁ、もうそんな季節かぁ。と、助手席の窓から外の景色を眺めています。

コツコツはじめた引っ越し作業も、そろそろ終わりに近づいています。

片付けているのに散らかっていった部屋の荷物もだんだん少なくなって、

今まで隠れていた床や壁が見えてきました。

いつもの場所にかかっていた時計をはずしたのに、

何度も同じ場所を見て、時間を探してしまいます。

仕事を辞めたら、しばらくは、時間を探さない日々を過ごしたいです。


職場の方に退職することを伝えたら、

後日素敵な調理器具をいただきました。

調理器具と一緒にお手紙がそえてあり、

私たちがここを去る事を、とても残念がって寂しいという言葉や、

感謝の言葉やお礼の言葉がたくさん並んでいました。

さほどプライベートでおつきあいがあったわけではない

仕事のおつきあいでしたが、こんなお手紙をいただき

労っていただいて、とても嬉しくとてもありがたく思いました。

遊びに来てくれるそうなので、楽しみです。

後任の方へ仕事の引き継ぎもそろそろ終わります。

時間を探さない暮らしまで、もうちょっとです。

ときのこやマーケット

ときのこやマーケット1
いつも野菜を買わせていただいている『ときのこや』の新企画
ときのこやマーケットに遊びに行きました。
気持ちの良いお天気、緑がとっても綺麗な季節です。

ときのこやマーケット2

ときのこやマーケット13
イベントでいつも目立ってる黄色い車が目印の
ネパールカレー屋さん。ご夫婦とおこちゃまたちで出店。
以前みかけた時は歩いてなかったおこちゃまが
大きくなって走り回っていましたよ。

ときのこやマーケット3
天然酵母のベジバーガーにつられてつい・・

ときのこやマーケット6
とてもひさしぶりにバーガースタイルのパンを食べました。
アボガドとお豆腐と、シャキシャキ野菜が美味しかったです。
こちらも素敵なご夫婦とおこちゃまたちで出店。


ときのこやマーケット4
またしても冷やしゴマにつられて・・・

ときのこやマーケット7
ねらない、ふまない、ねかさない。といううどんを
目の前で粉を混ぜるところから作ってくれるのです。

ときのこやマーケット5
目の前でガッツリ見学して、いろいろ質問したうえに

マーケット14
カメラ目線いただきましたっ!
ノリの良いご主人です。ありがとうございました。
ときのこやで野菜や加工品を販売されている川上さんです。
気がつけばいつのまにか人だかり。注文も次から次と。

ときのこやマーケット12
練りゴマに、酢の味がほんのりきいた夏の味。
おうどんもツルツルモチモチシコシコ、小麦の味が美味しかったです。
茹でた小松菜も美味しかったです。


ときのこやマーケット8
楽器を作っている方もいました。
木陰で楽器をつまびいている姿が気持ち良さそうで素敵だったので
写真を撮らせていただきました。
モデルさんは、ときのこやで野菜販売されている
どんちゃんふぁーむの、どんちゃんです。

ときのこやマーケット9
奥の眼鏡をかけて笑っている方が、楽器を作っている方。
自由に弾いて良いそうなので、こころさんもボロロ~ンと
つま弾いてみました。とってもここち良い音でした!

ときのこやマーケット10
こどもたちも大はしゃぎできる素敵な場所ですよー。


ときのこやマーケット11
最近、赤ちゃんと、お母さんとのツーショット
写真を撮るのが好きになったこころさん。
モデルになっていただいた方は名前も知らない方ですが、
またいつかどこかでお会いするかもしれません。
ありがとうございました。
※写真を使わせていただく了解は得ております。

毎月第一日曜日に開催されるということで、
しんさんとこころさんも出店することにしました。
今年の目標でしたからね。^^
何で出店しよう?

これから考えます。

はーとふるアルバム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。